こんにちは、ご訪問頂きありがとあございます。
年末年始クアラルンプール→バンコクの旅、バンコク編。

バンコクの良いところの一つは、電車網が発達していて移動にとっても便利なところ。
東京にもJRに地下鉄、私鉄線などなどと複数の会社の電車が走っていますが、バンコクにもいくつかの種類の電車が通っています。
中でも観光客が一番お世話になるのがBTS。
BTSにはスクンビット線とシーロム線、二つの路線があり、その二つを合わせるとバンコクの主要スポットをかなり網羅できてしまいます

今回のバンコク旅でもBTSに大変お世話になりました
今回はBTSの乗り方と駅や車内の様子を簡単にお届け致します!

宿泊ホテルのメルキュールサイアムの目の前、ナショナルスタジアム駅にやってきました。
ラマ一世通りから階段やエスカレーターを上ると、駅の入り口に到着。奥が改札です。

まずは切符を購入します。
日本と同じくプリペイド式カードや定期券、回数券などもあるようですが、今回は都度払い。
こちらのチケットマシーンでチケットを買います。小銭しか受け付けませんので、お札しか手持ちがない場合には、改札横のオフィスで両替してもらいます。
チケットマシーン横のこちらの表で運賃を確かめます。
私達がいるのは、表の左上で15という数字が黄色く塗られているNational Stadium駅。
この時はここから、指差しているNanaまで向かいます。Nana駅の横の数字は㉘となっていますよね。
ということで、ナショナルスタジアム駅からナナ駅までの運賃は大人1人28バーツです。
28のボタンを押してお金を投入。
改札を通ります。
チケットはカード式。改札の機械に通します。
日本と同じですね、出てきたカードを受け取ります。

先ほどの改札の写真を今一度。
改札の中に警備の方が立っているのがご覧頂けるでしょうか?
バンコクの駅では改札内に警備の方がいて、電車に乗る際、改札を通ったところで荷物のセキュリティチェックがあります。

ホームに上がります

電車が入ってきました。電車の中の様子はこんな感じ。

綺麗ですよね!東京の電車に比べ車両が広い感じがします。
設置されたスクリーンには次の停車駅などの情報が表示されますが、わかりやすいアナウンスも入りますので安心。
英語とタイ語ですが、駅名ははっきりわかります。
サイアム駅でシーロム線からスクンビット線に乗り換えます。

無事にナナ駅へ到着!ナナ駅の写真がなくてごめんなさい
電車も短い間隔で頻繁に来ているようですし、ほぼ東京と同じ感覚で気軽に利用できるBTSをご紹介しました

ここまでお付き合い頂きありがとうございます。
See you soon!
エイル